​​殺人ROOM(ルーム)マンション編

​ルール

プレイヤーは、犯人(1人)とノーマルプレイヤー(残り全員)に分かれる。

 

<役職の説明>

犯人

ノーマルプレイヤーを全員殺すことができれば勝利。

・部屋にあるスケルトン召喚ボタンで、各々の部屋か各階のフロアにスケルトンを召喚してノーマルプレイヤーを殺すことができる(必ず1ターンに1体以上召喚しなければならない)。

犯人のみに配られる弓でノーマルプレイヤーを殺すことができる(1ゲームで1度のみ)。

・1ゲームで1度のみ犯人のターン中に、部屋正面のドアかベランダからカギを使用して出ることができる(部屋正面のドアから出た場合、他のプレイヤーの部屋のドアを外から開けることができる。ベランダから出た場合、他のプレイヤーの部屋に侵入することができる)。

ノーマルプレイヤー

犯人を裁くことができれば勝利。

・1ゲームで1度のみ犯人のターン中に、部屋正面のドアかベランダからカギを使用して出ることができる(部屋正面のドアから出た場合、他のプレイヤーの部屋のドアを外から開けることができる。ベランダから出た場合、他のプレイヤーの部屋に侵入することができる)。

<建物の説明>

・地下…召喚されたスケルトンを全て一掃するボタン(犯人のターンが終了後誰でも使用可能)が設置されている。

・1階犯人のターンをスタートさせるボタン(犯人のターンが終了後誰でも使用可能)と、肉(プレイヤーの数)が設置されている。

・2階以上…各々のプレイヤーの部屋があるメインステージ。

・最上階…犯人を処刑する部屋(犯人のターンが終了後、残りプレイヤーの過半数の同意により入る事ができる)。

<ターン>

1.「犯人のターン」 70秒間。ターン中、プレイヤー同士は通話をすることができない。犯人は、ターン中、スケルトンを3体まで任意の部屋か各階のフロアに召喚することができる(例:まっちゃんの部屋に2体、Mくんの部屋があるフロアに1体)。犯人は、弓を使って直接的にノーマルプレイヤーを殺すことができる。犯人ノーマルプレイヤーは、部屋の正面のドアかベランダをカギを使用して開けることができる(1ゲームで1度のみ)。

2.「召喚されたスケルトンを一掃するターン」 犯人のターンが終了後、地下に設置されたボタンを押すことで、出現したスケルトンを一掃し、プレイヤー同士の通話が可能になる。犯人の目星がつき、犯人を処刑する部屋に行くことを、残りのプレイヤーの過半数が同意した場合→3へ進む。犯人の目星がつかなかった場合→1へ戻る。

3.「犯人を処刑するターン」 召喚されたスケルトンを一掃するターンが終了後、残りプレイヤーの過半数の同意があれば、最上階の犯人を処刑する部屋へ入ることができる。誰を処刑するかの決定権が、部屋に入ったプレイヤーの中からランダムで1人に与えられる。決定権を持ったプレイヤーを中心に犯人だと思うプレイヤーを処刑する。犯人を処刑できた場合→ノーマルプレイヤーの勝利。犯人以外が処刑されてしまった場合→1へ戻る。 ※最後に犯人1人とノーマルプレイヤー1人が残った場合は、犯人の勝利になる。